女性 白髪染め 素手

素手で出来る女性用白髪染め

白髪を素手で染めるメリットとデメリット

最近では、素手で染められる白髪染めが流行ってきています。トリートメントタイプの白髪染めなどがそうです。素手で使える白髪染めはそのお手軽さが人気の一つですが、手に直接取れるということで、頭皮や髪の毛にも優しいという点でも、多くの女性から支持されています。色がつくのを気にしなくていいので、髪の生え際や分け目のギリギリをじっくりと染めていく手間が省けるのは、かなり大きなポイントでしょう。手間がかからないという点であれば、前もって必要な準備(手袋やコームを用意する、液を混ぜておくなど)が必要ないので、白髪染めに時間をかけたくない方にもおススメです。また、素手で使える白髪染めには、あまりきつい匂いがしないものが多いのも特徴です。白髪染めに限らず、自宅で髪の毛を染めようと思えば、大抵の方は市販のものを利用するでしょう。そのほとんどの製品が、頭痛が起きそうなほどに匂いがしてくるのは、髪を染めるために含まれている化学物質が原因です。その成分のせいで、髪が痛んだり、地肌がかゆくなったりするのです。素手でも使える白髪染め、一度はお試しする価値があるのではないでしょうか?

いいことだらけの素手で可能な白髪染めには、何かデメリットがあるのでしょうか?唯一の弱点として、髪の色が染まるのに時間がかかるというものがあります。これは、化学物質など頭皮や髪にダメージを与えるものを使わず、天然成分でじわじわと初めていくタイプのものが多いので、一度では完全に染まりきらないからです。どうしても急ぎで白髪染めをしたい場合などは、素手で使える白髪染めを使うとじれったいと感じる方もいらっしゃるかもしれません。しかし、日々のトリートメントで髪をケアしながら自然な色合いに仕上げられるということで、美容院へ行ったり市販の白髪染めを使ったりするよりも、はるかにリスクが少ないと言えます。髪が痛むと、そのダメージを補修するのは容易ではなく、染料も髪に入りにくくなってしまい、最終的に傷んだ箇所を切るというはめになりかねません。素手でも使える白髪染めは、髪や地肌をいたわってくれる分、それだけ根気強く、長期間に渡って使っていく必要があるということです。

Copyright © 女性用育毛/白髪染めのランキング 40代編 All rights reserved